読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あくつけき

日記みたいな

僕の父は、頼み事を拒否された時、説得なんてことをしないままに、いつも拗ねて取り乱す。受け入れてもらえないことに泣き叫ぶ、愛情を知らない子どものようだな、と思った

Marmalade

暑いね。随分と暑い。引っ越してからもう二ヶ月目。水曜日は最寄りの駅で友達に会って、そのままお茶して家具などがおいてあるお店でお買い物。あれは雑貨屋になるのかな。その友達は一人暮らし一ヶ月目。んで俺は中学の時を思えば10年近いかな。それでも、一人暮らしの知識に関しては向こうのほうがあるっぽかったw

 

生活力ないね。たんぷれ嬉しかったな。お返しには何をかおっかな。

最近は随分と精神的にも落ち着いていたきがするが、昨日はどうしても溜まりに溜まった鬱憤が爆発して無理だった。人が好きなんだろうとか言われやはり思うのは俺は当事者でいることが本当に不可能だということ。対応を録るための人格は成熟していても、内心他人なんかには一切興味がないのだろうし、なんなら他人を「自分を肯定するための道具」くらいにしか思えていない節があるし、もうみんな、深い関わりなんて持ちたくない。

 

特に、あいつだけは本当にもうかかわらないで欲しい。俺を見るのは楽しいのかもしれないけど、俺からみたお前は何ら面白みのない人間でしかない。

『hなhとA子の呪い』と『キック・アス』を読んで『愛のむきだし』を見た一日