読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あくつけき

日記みたいな

日常

ベランダ

ベランダに、アウトドア用の椅子を置いて、木々のざわめきを聞きながら、今こうしてパソコンを叩いている。 木々のざわめきというのも不思議なもので、今は、Coccoの「何もなかったように」を聞いているのだけれど、なんだか、絶妙にマッチしている気がする…

Fun Tonight

一昨日は随分と一日が長かったように思う。 公園で本を読んでいると鳩が近づいてきた。よたよたとして見えたその足取りと、聞いていた曲のBPMが、何故かぴたりと一致する、そんな一日の始まりだった。 10時過ぎに家を出た理由は、人生で初めての派遣バイトに…

消しゴム

年末あたりでKindleの冊数が900になったとかなんとか書いた気がする。でも自分のツイッターを漁っていたらちょうど一年前に500を超えた、なんてことが書いてあった。 つまり、2016年は漫画だけで400冊、いや、TSUTAYAレンタルと購入分を含めればもっとか。置…

カニマロフ虫

ここ半年間くらいで、ようやっと金曜日というものが好きになった気がする。 朝が早いわけではないので、社会人と比べ飲みに行く曜日に困るということはない。学生生活が終わりを迎えようとして、その大切さを意識するようにはなった。ただ、「失って初めて気…

1/11

修論が完成しそうでうれしい。 週末はmulllr持ってバー行きたいな。 ケイト・ブランシェット、プライムビデオに出演作ちょこちょこあるし見ていこ。 学部は明日、卒論の提出日らしい。二年前はアソビ・セクスとレディへ聞きながらかたかた文章打ったな。懐か…

必須栄養素の輝きで視神経が喜んでいるよ〜

他のお客さんに配慮して無音カメラでさっと撮ったからぶれぶれ笑 2,015年の年末は実家に帰っていたのだけど、親が旅行で家を開けたこともあり2日には神戸に帰った。そしてその足でワインを飲みに行った。 そこで食べた鹿のローストがあまりに美味しくて、本…

非モテ根暗はオールナイトクラブパーリナイの夢を見るか

毎日自炊をする気にはならないけど、暇な時にする家での簡単な料理は良い。ある程度の時間は要してしまうが、費用も抑えめに好きなものを好きなように食べることができるし、何より後片付けが良い。温水を使えば心地よさすらあるし、やはり綺麗なシンクは見…

12/26の日記

12月27日の昼下がりは日差しが強い時間帯であるにも関わらず、昨日すぎからの曇り空がちょうどいい具合に部屋へと差し込む光を調節してくれていた。グラスに注がれたビールの泡は口当たりを良くするだけでなく、ビール自体の酸化を防ぐ役割を持つらしいが、…

中学のころから今まで「生まれる時代間違えてるよね」と言われ続けたからそろそろ世界が俺に合わせてくれてもいいと思う

誰の周囲にも、多分、名は以前から耳にしていても、じっさいには読む機会にめぐりあうことなく、歳月がすぎるといった作家や作品はたくさんあるだろう。そのあいだも、その人の名や作品についての文章を読んだり、それらが話に出たりするたびに、じっさいの…

12月17日の日記

今日はとても天気がいい日だったので、車両に差し込む光がたゆたう塵芥を照らしていた。土曜日の昼だというのに、車内に人は少なかった。電車の椅子に座れたのは随分久しぶりだったし、何の変哲もないながらも外の風景は気持ちが良かった。自室に差し込む光…

2016/12/09

論文を書いていた。"いた"のだ。しかし、もう筆は乗り切ってしまって、「うーん」と少し思ったが最後、気付けば無意識にブラウザのボタンをクリックしてしまった。とりあえずと開いたのはTwitter。フォローも随分減らしてしまったから、あまり目新しい情報も…

ハバナイ「The Manual」リリースパーティー 11/25(金)雑感@味園ユニバース

@味園ユニバースのドリバ 夜のシャワーは二回する。癖毛を"それ"っぽく見せるには、ワックスなりムースなりをがっつりと盛込まなければならないからだ。しかし、昨晩はいつものワックスに、ダックダクに汗が加わったにも関わらず、シャンプーは一回が限界だ…

world's end girlfriend『Last Waltz』/WEGについての雑感(追記2)

小説とか映画はフラゲしたものや公開初日に見たものに対してごりごりに感想を書いてしまうと 「ネタバレだ!」 という声が生まれてしまうので、これから読むor見る人に向けての配慮が必要となってくる。しかし音楽に関しては、先に聞いた人間がどんな感想を…

胃がびっくりした

驚いた、ではない。あくまでもびっくりなのだ。欠片の知性も感じられない胃に、漢字など使ってやる必要はない。 生来のものぐさから、何気なくとった食事というものが24時間ぶりだった、ということはよくある。その度、毎度ながら俺の愚かな胃は、突然の侵…