読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あくつけき

日記みたいな

音楽SNS【Last.fm】のススメ

www.last.fm

 

 

 

2016年現代は、情報に溢れかえっている。

Twitterまとめサイトにしても、少し目を離せば色んな分野からの情報が秒単位で更新される。テレビと比較したインターネットの問題点は、制限時間がないというところであろう。

 

テレビ番組は放映時間が30分なり一時間と決められている一方で、インターネットは見る方にさえ時間があれば、延々と眺めることができる。しかし、得られる情報が多いというのは、当人にとってそれだけ不必要な情報を得ていることだ。

 

「何かを探す」という明確な物がある場合は良い。「ボタンの付け方」なんて限定された情報であれば不必要な情報を殆ど見ること無く、得たい情報が得られるだろう。しかし、その欲しい「何か」が抽象的だった場合はどうだろう。

 

例えば「面白い小説が知りたい」と思った時、普段シュール文学を読んでいる人やファンタジー小説を読んでいる人にとっては東野圭吾の新刊情報なんてのは不必要な情報でしかないだろう。しかし、趣味の興味が大衆性を帯びてない人は、えてしてこういった不必要な情報ばかりに時間を取られてしまって、欲しい情報が手に入らないなんてことはザラである。

 

これは音楽の場合でもそうで、例えば「ダンスミュージック」が聞きたい、と思って調べても体が反応しない曲ばかりに出会ってしまうのが現状だ。情報が溢れかえっているせいで、内容に触れないと選べないものに関してはどうしても時間と労力が足りない。

 

そういう点で、Last.fmは便利だと言える。

 

図1

f:id:tenpafrom606:20161110231114p:plain

 

Last.fmは要するに、Twitterでいうつぶやきの代わりに自分が今聞いている音楽というのを垂れ流しにしてくれるSNSである。図1参照。

俺の場合はiTunesLast.fmを連動させているので、iTunesで聞いた曲は随時このようにして自分のページに反映される。連動させるアプリにiTunesを使っているのは、iTunes Storeで視聴した曲までも反映される、という点にある。要するに買っていない曲までも「聞いた」、と判断されるんだよね。

 

んで、そうやって自分の聞いた曲をどんどん反映させていくと図2のように自分のライブラリというものがLast.fm上に出来上がる。

 

図2 フルスクリーンでスクショ撮ったらGoogleが自分の名前表示したの腹立つ

 

 

f:id:tenpafrom606:20161110231901p:plain

 

図2上段中央の高木正勝のアルバムは、過去に聞いた「「Ceremony」という曲はこのアルバムですよね?」ってこと。試しにこのアルバムをクリックすると。

 

図3

f:id:tenpafrom606:20161110232141p:plain

こういった形で"似ている"アーティストや曲を表示してくれる。似ている、といってもぱーふぇくとひゅーまんと江南スタイルが似ているとかそんな話ではなくて、あくまでも"テイストが似ている"アーティストを紹介してくれる。ここでは高木正勝に似ているとしてharuka NakamuraやRei Harakamiが挙げられてるね。まあ納得。

 

さらに、図2や図4を見てもらいたい。実は、クリックをしなくとも、ライブラリの表示の時点で似ているアーティストや、聞いた曲に似ている曲が入ったアルバムなんかを表示してくれるのだ。

 

図4

f:id:tenpafrom606:20161110232522p:plain

 

こういったLast.fmの機能を使ってやると「ああ、このアーティスト良いな。もっとジャンルを掘り下げて聞きたいな」と思った時に、近場のアーティストを簡単に定めることができてとても便利。ストリーミングサービスに加入している人には特にオススメだと思う。

 

さらに、一応SNSということもあって、自分のライブラリに近いLast.fmユーザーを表示してくれたりする。

図5 雑モザイク

f:id:tenpafrom606:20161110233039p:plain

 

こういうふうに、「自分と曲の趣味が近い人」をランダムに表示してくれる。もちろんこのご近所さんが今聞いてる曲、さっきまで聞いてた曲を遡ることもできるので、そこからまた音楽の出会いもある。

 

なおフレンドになればメッセージ機能もある。ちなみに俺は全然知らない海外の人に「君いいセンスしてるね!よかったらこれ聞いてよ!」と音楽ファイルを貰ったりもした。今思えばスパム警戒するべきだったかも笑 結果はホント、ただの音楽だったんだけどね。

他にも「こんな最高のUSアーティストを見つけた!!」なんてYouTubeのURLを送ってくる人がいたり、まあ楽しい。

 

 

無料のSNSなのでオススメはする。

VBRのONE MINUTE OLDERでも言われてたけど聞かなきゃいけないものが多すぎるよ〜

www.cinra.net