あくつけき

日記みたいな

枯渇気味

1人でいると考え事ばかりするようになる。部屋の空気を入れ替えようと、キッチンの扉を開けたら、入り込んでくる風に質量を感じて「ああ、本格的に冬になってしまったのだな」とか。「一昨日偶然会った妹の友達にどういった印象を与えたのかな」とか、「どうしてライブや映画の音楽はあまり気分が高揚しないのに、イヤホンで聞いたとなると途端に様相が変わるのだろうな」とか。

 

一つ目

なぜ質量を感じたのかと言えば、それは室温と違うキッチンの空気が冷気を帯びていたから。凍てつく、とか、刺さるような、とかそういった固形物のような比喩が使われることからも明らかなように。

 

二つ目

わかりやすく優しくしたから優しく見えたらしい。

 

三つ目

自分だけの音楽が聞きたかったから。音楽はみんなで楽しむものではないから。

 

このブログが最高だった。

inak555.hatenablog.com