あくつけき

日記みたいな

アルカリイオン水

最近家での飲み物にアルカリイオン水を採用している。別に理由などない。珈琲が電子タバコに合わないので、家で何を飲んだらいいかな、とスーパーを彷徨いていたら、二リットル70円のこれを見つけた。安かった。それだけ。

 

ペットボトル越しに見る、蝋燭の火がとても綺麗だ。小樽で、街灯を眺めた記憶がよみがえる。

 

蝋燭を、使い果たしてしまった。明日からどうやって部屋の灯りを賄おう。

 

 

インターネット上のウェブマガジンとか、たまに星をくれる方のブログを拝見してみた。中には自分と同じ年齢でサイトを運営している人なんかもいて、尊敬すると同時に少し暗くなる。結局自分は彼ら程音楽を聞いていないし、聞いたものについて語る言葉も持ち合わせていない。まあこのブログは他人に読ませるためのものでも、何かを紹介するためのものでもないから、多くの人に読まれることを前提に書かれたブログの著者たちと自分を比べる事自体おかしな話なのだけど、ああ〜これはよくない欲なのだろうな。社会の役に立って自分を肯定したい欲だ。うわーやめろー消えろー少なくとも俺は最近現実の異性に対してインポになってしまったから、現実の人間関係に性を持ち出さなくなれたんだー理性よー働いてくれーうおー

 

社会の役にたちてぇ〜

 

でも必要以上の労力を使って他人に読ませるためのものを書きたくねぇ〜

 

 

 

 

 

 

ああ〜一切の労力を払わず誰かの役にたちてぇ〜