読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あくつけき

日記みたいな

Kindle内の電子書籍が900を超えた

雑記 漫画

裸村という漫画家の『穴殺人』という漫画を八巻まとめ買いしたところで、Kindleのコンテンツが900を超えた。まあコンテンツと変な言い方をしてみたものの、単にちまちま買っていた漫画が900を超えた、とそれだけのことである。

 

Kindleで漫画を読み始めたのはちょうど三年前の冬だったように思う。単純に計算して年間300冊。およそ一日に一冊漫画を買っていたことになるし、Kindle内の未読本は巻数を間違えて買った『結婚指輪物語』と岡本綺堂242作品を一つにまとめた全集のみなので、まあ一日一冊漫画を読んでいた、ということになるのだろう(金額こわい

 

最近は漫画アプリなどもあるが、俺は漫画アプリがそんなに好きではない。と、いうのも単純に、自身の辞書に我慢という文字がないからだ。

 

殆どの漫画アプリは毎週一話ずつ、既存の漫画を掲載するのだが、まーこれが苦痛で仕方ない。早く続きを読ませろってなっちゃうんだよね。

でも、漫画アプリで半端に読んでしまっていると、いざ単行本を買ったとしても、途中までは載っている内容が同じなのだ。これも時間と金を損した気分になる。

 

だから、アマゾンのランキングやナタリーから情報を集めててきとうな漫画をKindleで買うのだが、最近改めて思う。

 

「あ、漫画アプリも漫画雑誌も買わないと、どの単行本買ったらいいかわからねえ…」

 

と、前述の通り、ニュースサイトなどで情報を集めたところで、漫画雑誌の鮮度には敵わないなって思う。

 

でも漫画雑誌は貯まるのが嫌だし読み返すのが面倒だしいざ単行本買った時損した気分になるしうーん。

 

なんか俺にあった漫画だけ勧めてくれるサイトないかな。わりと、アマゾンの「コレ買った人はこれ買ってます」が便利なんだけどね。とりあえず今月は西UKOのコレクターズ2巻が楽しみだー。まああれはKindleじゃなくて単行本で買うのだろうけど。

 

あ、『穴殺人』面白かった。最後はグダグダとしすぎた感じがあるけど、宮内に魅了された人が複数いたってのは「そりゃそうだよな」って感じ。ウィトゲンシュタイン好きだし、作者バタイユも読んでそうだな。いや、普通にニーチェあたりか。