あくつけき

日記みたいな

心に処女膜

www.youtube.com

 

心には常に処女膜 張って新しい衝動待つ

(泉まくら「枕」)

 

 

この歌詞は女性にしか書けないよな、なんて思う。よく「白馬の王子様が現れるのを待っている」なんて言葉があるが、あれもいい言葉だな、と思う。

 

男性は初体験を終えた人間とそうでない人間とに"身体的な差異"がないが、女性には処女膜がある以上そうもいかない。要するに、女性は初めての相手に身体を変革される生き物である。

 

実際、処女膜がある人間とない人間に、大きな違いなどはないだろう。処女膜がなかろうと大きさの合わない男性との行為は相変わらず痛みが伴う。別に、大した違いはないのだ。

 

ただ、大差ない変化であっても社会はそれを明確な変化だと認定している。婚前交渉が認められない国などは、まさにそうなのであろう。結局、女性は初めての男性にとって変革されてしまうという事実がある以上、初めての相手というものに対して妄想を膨らますのは仕方のないことだろう。

 

心には常に処女膜 張って新しい衝動待つ

 

 

んーやっぱり素晴らしい表現だな。

 

 

 

 

ハイスイノナサとかLITE聞いてると、大きすぎる期待をもって、この人達はなんで音楽をやってるのだろうな、と、そんなことが聞きたくなってくる。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com