あくつけき

日記みたいな

2016年のアルバム

順不同
Favoriteはアルバムの中で一番好きな曲。複数ある場合がほとんどだったけど面倒だったので割愛。
 
 
 
1 泉まくら『アイデンティティー』

f:id:tenpafrom606:20161226101114p:plain

Favorite 「日々にゆられて」
 
圧倒的捨て曲のなさと圧倒的完成度。『愛ならば知っている』『卒業と、それまでのうとうと』も好きな曲は多かったけど今までで一番〈アルバムを通して聞ける〉作品。
 
 
2 ブルーノマーズ『24k Magic』

f:id:tenpafrom606:20161226101300p:plain

Favorite「Finesse」
 
俺はマイケル・ジャクソンが好きじゃあないし、そもそも洋楽好きかと言われたら決してそんなわけじゃあないんだけど、マイケル・ジャクソン直撃世代の人はこんな心境でマイケルを見つめてたんじゃあないかな、とそんな気持ちにさせてくれる。後述のウィークエンドも同様。ブルーノマーズとザ・ウィークエンドの二枚はホント今年の色って感じ。
 
 
3 Have a Nice Day!『The Manual (How to Sell My Shit)』

f:id:tenpafrom606:20161226101331p:plain

Favorite ミッドナイトタイムライン
 
今年、というものを強く意識してしまうのはハバナイも同様。ハバナイは楽曲の素晴らしさはもちろんだけど、間違いなく人生で一番楽しいライブ、というものを演出してくれて自分にとっては大切なアーティストの一人になった。ダイブしてきたふとっちょおじさんを、細腕では耐えきれずフロアに叩き落としたのはいい思い出。次は鍛えていきますごめんなさい。
 
インターネットは君に愛を伝えるために生まれた。
 
4 石野卓球『Lunatic』

f:id:tenpafrom606:20161226101516p:plain

Favorite Fana-Tekk
 
音楽の楽しさよ。Fana-Tekkの後半きこえる〈ぴゅぽん〉って音ってなんかエロいよね。
 
5 Cutemen『Humanity』

f:id:tenpafrom606:20161226101622p:plain

Favorite Different Nation Under The Different Groove
 
2016年はアニメ「コンクリートレボルティオ」完結の年でもある。14話で使われた挿入歌「出発の歌」を含むこのアルバムは、一曲目「Get Ready (For The Childhood's End)」の象徴的な歌詞「進化滅亡選ばないといけないみたい 子供の時間は終わり」からも伝わってくるように、「コンクリートレボルティオ」との親和性がとても高い。アニメをとても楽しく見てたから凄く刺さるアルバムだったな。
「コンクリートレボルティオ」が子供じみた正義と別の正義との対決を通してなあなあで済ますことを拒む、子供な大人たちが成長していくアニメだとしたら、このアルバムも、「古き良き時代を忘れ去ることのできない大人たちが進化したアルバムなのかもしれない。
 
 
6 [.que]『Nightfall』

f:id:tenpafrom606:20161226113744p:plain

Favorite nowhere
 
知る人ぞ知るといった邦楽エレクトロニカの中堅[.que]、『Nightfall』と同時にバンドサウンドのアルバムも出してたみたいだけど、俺はこっちのが好きだったな。よく眠らせてもらいました。
 
7 青葉市子『マホロボシヤ』

f:id:tenpafrom606:20161226101859p:plain

Favorite 神様のたくらみ
 
天才
 
8 冨田ラボ『SUPERFINE』

f:id:tenpafrom606:20161226101941p:plain

Favorite 笑ってリグレット
 
冨田ラボについては友人が好きなだけでまるで知らなかったのだけれど、サチモスのYONCEにコムアイなどなど、今目を向けなければならないボーカリストが参加しているともあり購入。ボーカル陣が豪華だから、それぞれの個性をいかす楽曲を作っているのかな、と思いながら実際に聞いてみてびっくり。「いや、歌全面に出すならそこまでの作り込みいらんやろwww」と突っ込みたくなる程丁寧というか、半ばオタクじみた音の作り込みに引き込まれる。というか音を拾う作業が楽しくて仕方ない。
 
 
9 BiSH『KiLLER BiSH

f:id:tenpafrom606:20161226102033p:plain

Favorite 『Throw away』
 
俺は幼少期にモー娘。に直撃し、さらには高校大学とAKB48の全盛期に直撃した世代ではあるのだけれど、正直ももクロも含めてまるでアイドルというものには興味関心が向いてなかったように思う。それでも五五七二三二〇なり、Maison book girlなり清竜人25なりBiSなり、楽曲が良すぎるアイドルはどうしても聞いてしまう。
BISHも間違いなく、歌唱力を含めて楽曲が良すぎるアイドルの一つ。とりあえず言いたいことは一つ。
 
エモい。
 
リンリンの歌詞、アイナ・ジ・エンドのハスキーボイス、エモい。もう少し掘り下げてみたいけど、今の自分の立ち位置と彼女たちとの距離感が埋まらなくてもどかしい。
 
 
10 雀が原中学卓球部『灼熱スイッチ - EP』

f:id:tenpafrom606:20161226102143p:plain

Favorite 灼熱スイッチ
 
絶対天才。
 
ただ、2014年放映のハナヤマタOPの人が作っていると知って納得。サビの声の重ね方もそうだし、最大限というかこれでもかってくらい盛り上げて一度引き、とことんサビを際立たせるBメロ。一曲完結の曲がうますぎる。なお、このアルバムは表題曲と「V字上昇Victory」の二曲のインストが入った合計4曲の構成で、アルバムというよりはシングルなのだけど、二曲目もとても良い。とても良いんだ…
 
(´;ω;`)


 
11 RYUTist日本海夕日ライン』

f:id:tenpafrom606:20161226102227p:plain

Favorite piece of life (second piece)
 
新潟のローカルアイドル。詳細は調べてないので全然知らないんだけど、PV見る限りビジュアルがとても新潟らしい芋臭さで逆に好感を持った。ここで逆に、と述べたのは彼女たちの楽曲が「え?この人たちって90年代に正統派アイドルグループとしてテレビに引っ張りだこだったんじゃないの??」と思ってしまうくらいには、聞き流せながらも引き込まれる作りになっているからだ。主語と述語の間に情報詰め込みすぎてこれもうわかんねえな…
 
個人的には、こういうアイドルが大事にそだってくれる受け皿があるといいなって思う。心がきれいになる。
 
12 The Weekend『Starboy』

f:id:tenpafrom606:20161226102440p:plain

Favorite Rockin’

 

大衆性を得る創作物には「人柄と露出主義をこのまれたもの」と「明確な芸術性を昇華させたもの」と「名誉ある模倣者」といった種類があると思うのだけど、これはどれにあたるのだろう。ああ〜か゛っ゛っ゛こ゛い゛い゛〜〜〜〜♡♡♡

 

 

13 For Tracy Hyde『Film Bleu』

f:id:tenpafrom606:20161226102518p:plain

Favorite Shady Lane Sherbet
 
シューゲだと思って聞いたら歌声の主張が激しすぎて、「なんだこれ?」とか思いながらAppleMusicでアルバム落としたら完全にドリーム・ポップでびっくり。ファーストらしいしこれからにもかなり期待。
 
 
 
 
14 world's end girlfriend『LAST WALTZ +』

f:id:tenpafrom606:20161226102721p:plain

Favorite Flowers of Romance
 
押し花欲しかった…
 
 
 
 
15 Explosions In the Sky『The Wilderness』

f:id:tenpafrom606:20161226102828p:plain

Favorite Wilderness
 
65daysofstaticにしろmaybeshewillにしろポストロックの一曲目って、最高だよね…
音像という言葉がぴったり。
 
 
16 ヒグチアイ『百六十度』

f:id:tenpafrom606:20161226102919p:plain

Favorite 誰かの幸せは僕の不幸せ
 
ウォークマンに入れようと、何度かTSUTAYAを訪ねたのだけど、何故かいつも貸出中になってる不思議なアルバム。
 
「誰かがこのアルバムを聞いて幸せに浸っている時、俺はアルバムを借りることができず不幸せ…そうか、これが誰かの幸せは僕の不幸せ…!!」
 
はい。
 
青葉市子やamazarashi、Syrup16gに比べれば歌詞の内的世界が広いとは思わないけど、力強いアルトボイスからくる表現力には生命力すら感じる。SWだし今後の動向が気になるな。
 
 
17 宇多田ヒカル『Fantôme』

f:id:tenpafrom606:20161226103011p:plain

Favorite 真夏の通り雨
 
なんかもう"アーティストっぽく"とかそういうのから離れて、好きなことを好きなだけやった感じが好き。今の世相の方が花男の主題歌務めてた時よりよっぽど生きやすいんじゃないかな。
 
18 きのこ帝国『愛のゆくえ』

f:id:tenpafrom606:20161226103152p:plain

Favorite MOON WALK
 
「クライベイビー」の「いつまでもこんなふうに隣に入れるような気がしてるよね」なんて歌詞を聞いた時には、「え!?あいつをどうやって殺してやろうかなんて言ってたあなたはもう枯れ果てちゃったの!?」なんて思ったけど、オルタナとして考えたら大河ばりに起伏があって良いと感じてる。
 
深夜ドラマ「刑事ダンス」で、サザンオールスターズ勝手にしやがれからエリーを歌ったなんて言ってたけどきのこ帝国は逆だよね笑
 
 
 
19 Serph『PLUS ULTRA -updated best collection-』

f:id:tenpafrom606:20161226103257p:plain

Favorite monsoon (unknown season version)
 
良くも悪くもいつものSerphなんだけど、これを良いという受け皿はあるべきだと思う。
 
 
20 Shiggy Jr.『ALL ABOUT POP』

f:id:tenpafrom606:20161226103343p:plain

Favorite LISTEN TO THE MUSIC (ALL ABOUT POP ver.)
 
「女友達は少ないけど何故か囲いの男は大量にいそうな女性シンガーランキング7年連続第一位!」なんて触れ込みが噂の(大嘘)Shiggy Jr.
2014年のアルバムよりも好きかも。完璧な仮面をかぶった躁鬱感が最高。
 

 

21 それでも世界が続くなら『52Hzの鯨』

f:id:tenpafrom606:20161226103405p:plain

Favorite 狐と葡萄
 
 
22 Nulbarich『Guess Who?』

f:id:tenpafrom606:20161226103754p:plain

Favorite Hometown
 
サチモスにせよナルバリッチにせよサナバにせよ、ブラックミュージックとかファンク要素を含んだ作品がガンガン出てくるようになってとても楽しい。時代らしさ、というてんでは2016年の顔の一つかも。
 
 
23 agraph『the shader』

f:id:tenpafrom606:20161226104026p:plain

Favorite reference frame
 
一作目と二作目の「早朝の散歩にぴったりな雰囲気」とは一戦を画する本アルバム。荘厳さとエモさが全面に出た「reference frame」は暗闇の中大音量で聞いたら絶頂必至。
 
ゲイバーでのライブ最高だったな。アグラフたんアグラフたん。
 
 
 
24 Martha『Blisters in the Pit of My Heart』

f:id:tenpafrom606:20161226104100p:plain

Favorite Goldman's Detective Agency

 

男女混声のメロパンク。

男声ボーカルのハイトーンがもうかっこいいし気持ち良い。

のびのびとした声の掛け合いが好きなのかも。

 

 

25 ART-SCHOOL『Hello darkness, my dear friend』

f:id:tenpafrom606:20161226104216p:plain

Favorite Luka
 
りっきー大好き愛してるって感じ。
アートスクールは最近めっきり聞いてなかったのだけど「android and i」とか、なんだろう、「聞いてるとカラックスの映画が見たくなる感じ」が好き。
 
 
 
 
 
26 The Flickers『MISSING PIECE』

f:id:tenpafrom606:20161226104349p:plain

Favorite new romantics
 
解散したらニュー・ロマンスもなにも(´;ω;`)
アルバムを通して聞けるかといったら少し悩むけど、ところどころのキラーチューンが刺さる。ライブには二回行った。好きだったな。エレクトロシューゲって感じ。
 
 
27 UNCHAIN『with time』

f:id:tenpafrom606:20161226104454p:plain

Favorite 2 late 2 luv
 
9月はイヤホンの調子が悪くなったから新しく良いやつを買ったんだけど、ホント彼らの音はとっても綺麗で、丁寧なレコーディングをしているんだなって思う。丁寧なレコーディングをする人達がいい曲を作っているのは当然のことで。
 
 
28 Suchmos『LOVE&VICE - EP』

f:id:tenpafrom606:20161226104654p:plain

Favorite STAY TUNE

 

最近何かと話題のサチモス。「すていちゅーにんとーきょーふらいでなあーい」のメロディはいくらなんでも美しすぎると思う。
 
首の傾きはパーフェクトヒューマン意識してるらしいよ。
 
29 相対性理論『天声ジングル』

f:id:tenpafrom606:20161226104738p:plain

Favorite 天地創造SOS
 
完全余談だけどニューワールドの文字が格闘ゲーム風音声で再生されてしまうw
最近のまるえつ、ほんとアーティストって感じだな。山口県行きたかった…
FLASHBACKのMVをとった黒沢清監督は映画『ダゲレオタイプの女』も撮ってたけど、FLASHBACKのMVは幽霊とかそういった意識ってあるのかな。
 
 
 
30 でんぱ組.inc『GOGO DEMPA』

f:id:tenpafrom606:20161226104941p:plain

Favorite STAR☆ットしちゃうぜ春だしね
 
サクラあっぱれーしょんみたいな、原点回帰的な楽しさが最高。
 
31 Night Tempo『Night Tempo』

f:id:tenpafrom606:20161226105123p:plain

Favorite Turn Off
 
正直2016年一番聞いたのはNight Tempoな気がしてならない。心に深く残る曲はそれはそれで人生に不可欠なものに違いないのだけど、こういったヴァイパーウェイブとかフューチャーファンクにジャンル分けされる曲は深く心を揺らさないながらも、ずっと心に佇んでくれる感じがする。
 
 
32 シャムキャッツ『君の町にも雨はふるのかい? - EP』

f:id:tenpafrom606:20161226105309p:plain

Favorite すてねこ
 
意外とライブパフォーマンス派手って聞いて笑った。
 
33 Memoryhouse『Soft Hate』

f:id:tenpafrom606:20161226105420p:plain

Favorite Dream Shake
 
ドリーム・ポップ最高。
 
34 The fin.『Through The Deep』

f:id:tenpafrom606:20161226105507p:plain

Favorite Through The Deep
 
ファーストから相変わらず。
 
35 Snail's House『Love Story』

f:id:tenpafrom606:20161226105630p:plain

Favorite Bitter Sweet
 
もう流石に10代じゃないのかな?どうなんだろ。「音のかわいさ」というのを意識しながら作られているらしい。
若い音楽家はどうしてもビジュアルとか、人の目に映るところで人気が出るものだけれども、Ujico*は広い世界相手に音だけで勝負している真っ最中な気がする。
 
36 End of an Era『Public Access T.V.』

f:id:tenpafrom606:20161226105749p:plain

Favorite Remember
 
よく知らんけど好き。
 
37 Warpaint『Heads Up』

f:id:tenpafrom606:20161226105944p:plain

Favorite New Song

 

ファーストセカンドに比べ踊れる曲も含んではいるものの、耳を通して浮かび上がる彼女たちの姿が相変わらずで愛おしい。あんにゅいってこういうことなんだよな。

 

アンニュイってファッションとかだと、肯定的な意味ーそれはつまり退廃的な美しさがあるということだろうけどーで使われるのだとおもうけど、容姿にすぐれない人間がけだるげにしてもそこに良さは無いんだよね。退廃美は最盛期があってこそ。 

 

38 Carpainter『Geofront - EP』

f:id:tenpafrom606:20161226110042p:plain

Favorite Geofront
 
ブチ上がる。TREKKIE TRAX所属のアーティストはみんな好きだな。きちんと心の臓を動かしてくれる。 
 
39 CICADA『formula』

f:id:tenpafrom606:20161226110123p:plain

Favorite DROP
 
YESにせよなんにせよ、この声は才能だよな、なんて。
特に一曲目二曲目の"音の古臭さ"が好き。
 
はよGOMESSとのやつ全国流通してほしい…
 
 
 
40 ハルカトミユキ『LOVELESS / ARTLESS

f:id:tenpafrom606:20161226110257p:plain

Favorite 奇跡を祈ることはもうしない
 
 以前に比べるとボーカルより楽器隊が強く出てくる様になった印象。このアルバムのおかげでよりジャンルレスになった気がする。
 
41 Holy Fuck『Congrats』

f:id:tenpafrom606:20161226110344p:plain

Favorite Neon Dad

 

65daysofstaticにしろmaybeshewillにしr(ry

 

 
42 Pinkshinyultrablast『Grandfeathered』

f:id:tenpafrom606:20161226110501p:plain

Favorite The Cherry Pit

 

前作『Everything Else Matters』同様「何かが降臨してくる様なノイズ」は健在。ノイズの中の歌声がどことない"楽しさ"を孕んでいて、少し元気がでてくる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年は昨年同様、上半期に殆ど音楽を聞けなかったのでかなり邦楽に寄っているというか、ジャンルの偏りが酷かったりした印象。

ただまあ一つだけ書き残したいのは2014年同様豊作の年だったということ。2011〜2013くらいと随分雰囲気変わったな。