読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あくつけき

日記みたいな

泉まくらと独身男性

HipHop 音楽 雑記

泉まくらは福岡在住のラッパー(?)でレーベル術ノ穴でCDを出した後パスピエとかのコラボでそこそこ知名度ができた人、と印象としてはこんなものかな。

 

www.youtube.com

 

↑正直これはそんなに好きじゃない。というか元のパスピエが良すぎた。ロキノンにあんなチルウェイブないでしょ。

 

俺の場合彼女の名前を知ったのが大島智子のジャケ画、というかYouTubeをうろうろしている時に見つけた「balloon」


つまらないやりとりつないだ

ちょっとあくびしてるかなぐらいだ

さっきまでの緊張ムダになる

せっかくの覚悟も揺らぎだす

言える言えない 言う言わない

頭の中消去法 どうしたんだかこの状況

酔い加減次第 様になる余興

えっちな音だけ響く204号

飲めや唄えや? もったいない イヤ 

息止めて見つめてHAPPY ラララ

早く唄えなくして おねがい

 

というリリックから始まるこの楽曲。これは正直アンケートを取りたいのだけれど、日々をだらだらと過ごしていると自負している人間とそうでない人間とで印象が随分違ってくるものだと思う。いや、もう始まるとか書いときながら一番全部引っ張ってきちゃったけど。

 

まあ、キビキビと動いてない人間には「ラインで呼び出された男と204号室でさらっとセックスして楽しかったな」ということだってのがすぐにわかると思う。もちろん、動画見れば一発なところはあるのだけれどね。

 

つまらないやりとりつないだ

ちょっとあくびしてるかなぐらいだ

 

この節からは、「今何やってる?会おう」なんてラインが来たから、行くと返信したのがわかる。次の節。

 

さっきまでの緊張ムダになる

せっかくの覚悟も揺らぎだす

言える言えない 言う言わない

 

これは「あーあいつと会うのかーめんどくさいのになんでオッケーしちゃったんだろ」なんていう感情が緊張で、いざ、と出会った瞬間にはその緊張がどっかにいって心地よく感じる自分、そして、その心地よさから「あ、このままじゃあコイツと寝てしまうようになる、どうしようかな」なんて心情が読み取れる。

 

頭の中消去法 どうしたんだかこの状況

酔い加減次第 様になる余興

えっちな音だけ響く204号

飲めや唄えや? もったいない イヤ 

息止めて見つめてHAPPY ラララ

早く唄えなくして おねがい

 

頭の中消去法」の解釈がよくわからない。「どうしてこうなった?さびしかったから?いや違う。暇だったから?いや違う。この男が好きだから?いや、それは絶対に違う」といった感じかな。後はそのまま酔いどれセックスは楽しい、とそんなところかな。

 

とまあ、大島智子描く女の子が彼氏でもない男とだらだらセックスを楽しむ姿が描かれる一番なのだけど、一番の最後、というかこの曲で最も興味深いのはこの次に来るフレーズ。

 

「あの娘の毎日がやけにドラマチックに 見えだしてから急に笑えなくなったの」

 

はい。

俺は当時、というか今さっきまでなんだけどYouTubeを開く時は別のタブを開く癖がついていてこの「balloon」のMVをろくに見ていなかったんだよね。さっき初めて通しで見てびっくりしたよ。彼女が嫉妬した〈あの娘〉って楽しくフェイスブックとかにリア充画像を上げてる女の子を指すものだとおもっていたのだけれど、MVの彼女が羨む〈あの娘〉というのは、〈きらきらとした画像ばかり上げるツイッター上の自分〉だったんだな。勘違いしてた笑

 

MVの後半では自傷行為や嘔吐の描写が見られるから、〈主体となる彼女〉はなんらかの苦悩を抱えているはずなのだけれど、その苦悩はおそらく、他者に見せるための自分と、現実の自分が激しく乖離しているところからくるものだろう。でも多分これは「本当の自分というものを誰もわかってくれない!」なんてことじゃあないのだろうな。むしろ、「自分が誰なのか自分で感じられない状態」だからこそ自分を蔑ろにしてしまうというのだったらしっくりくるか。

 

いやーそう考えたら泉まくらは随分成長したのだろうな。

2016年リリースの『アイデンティティー』はその名の通り泉まくらが〈自分〉というものを強く認識しながら表現するものだった。

 

例えば、「日々にゆられて」ではこんなフレーズ。

 

私はまだまだ弱い だけど 

誰かに「あなたは弱い」と

言い渡される筋合いもない

ほっといてちょうだい!

いいの この風に吹かれていたいの

いいの この風に

 

 いや、ほんとさ、言いたいことは一つだよ。

 

 

「つよくなったなおまえ〜〜〜〜♡♡♡」

 

 

 

誰かの情けは無償のものに見えてその実、目に見えにくいところで差し出さなければならないものがたくさんある。それはたとえば恋愛感情であったり女であれば性欲のためのからだであったり自分のための時間であったりする。今までは、寂しさとか弱さをごまかすために簡単に自分を蔑ろにして、その情けと呼ばれる搾取に甘んじてたであろうに、うわー泣けるなー

 

 

というかこれ完全に自分の話な気がする…

 

まあいいや「日々にゆられて」は他にも

 

君の心覗こうとしたってもやもやするなら

もっとどうでもいいこと考えてたいんだよ

窓辺に干しときゃ乾く雑巾

汚すの惜しまない好奇心

そういうのとずっと一緒にいたい

恋人なんてあてになんないし

 

これも本当に良い…要するに恋人をもって自己肯定感を得ようとしても、結局他者の存在は不確定なものだから、そういうものを頼りにせずに、「私は、私自身を肯定して生きていけるようになった」ということだろう。 他者と共存していくことに対する諦念にも似てるが、元から依存癖の強い人間はむしろここからがスタートライン。とてもいい兆候だと思うな。

「balloon」で、自己の分裂に苦しんでいた彼女が〈あの娘〉も自分自身、今の私も自分自身と、認識できるようになったんだな。

 

あ、また、なんか自分とかぶる。というか引き寄せて考えついちゃってるだけだろうなこれ。

いやー心あたたまる。彼女はずっと追っていきたいな。俺が見放していった、彼女たちが、泉まくらのようになっていることを祈る、一人は、その生涯に救いがないものになってしまったかもしれないけれども。

 

 

 

そういや「心にはいつも処女膜 張って新しい衝動待つ」ってフレーズはファーストの「ムスカリ」にも使われてたんだね。「ムスカリ」は正直ラップとしてはあまり聞けたものではなくて、それは、ラップ調ではあるのだけれど殆ど韻を踏まないというその感じが〈何かに属そうとしているのに属しきることができてない感〉を生じてて、なあ。

 

「こんなのロックじゃあない、なんて言葉はダメ」って話をどこかで聞いたけど、じゃあ所属しなくていいじゃんってことしか思わないんだよな。ドイツ人と日本人はジャンル分けが好きだけど、結局本人がそのジャンルに所属しているつもりがなければ「こんなの◯◯じゃないなんて言われてもそもそも的外れだよ笑」ってなるわけで。

 

うーん。

その点、「アイデンティティー」は良かったな。そこそこ韻踏んでいるからラップと言えるものには間違いないし、途中途中のメロディーがラップっぽくない感じを出してる気がして「ああ泉まくらだな」って気持ちになるけど、

 

 

俺そもそもラップとかhiphop全然聞いてないや。

むー

 

何はともあれ、俺も成長した泉まくらみたいに自分で自分を認められるように頑張らなきゃなー

 

あーーーーー新譜楽しみーーーーーー♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡♡

www.youtube.com

おまえ早速恋人に自分の評価委ねそうになってるやんけ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!絶対買うわ!!!!!!!!!