あくつけき

日記みたいな

会社に向かうあるき道、目の前に一枚の黒羽がふわりと落ちた。