あくつけき

日記みたいな

4月26日の日記

昨日は誕生日。次の日も朝が早かったために飲みに出るのは憚られたが、それでも自分のことは自分で祝うべきだ、とオーディオインターフェイスを買うついでにワインを飲みに行った。

少し暑さを感じてきたので、プルミエ・クリュのブルゴーニュを飲んだ。マランジェという、珍しい土地のものだったが、好みドンピシャだった。マスターの脳内が気になる。少し騒ぎすぎて心から反省。出禁にならなきゃいいけど。

 

隣の医者はよく喋る方だった。ダイイングプロセス、また、新しい言葉を知った。

 

死ぬとは難しい。