あくつけき

日記みたいな

ゆめ

何を書こうかな。

人の目を気にせず文章を書くというのも久しぶりだ。辞めてしまったことが不思議で仕方ない多幸感。最近はずっと働き詰め。昨日なんて3時から24時半まで働いた。その間はずっと仕事用の自分だ。これが中々難しい。

 

ああ姉さんが本当に愛おしい。俺はあなたに会うために苦難を乗り越えてきた。そんな気持ちだ。