あくつけき

日記みたいな

mhwとTwitterを絡めたことの雑感

mhwというゲームが好きだ。

プレイ時間はゲーム内標記で2000時間弱

長くプレイしたという実感があるポケモンでも400時間程度、パワプロも1シリーズなら持って半年が限界だったやうに思うから、人生において一番楽しんだゲームと表現して過言ではないだろう。


元々、何かを育てて戦うゲームが好きなように思う。

完全にソロプレイのゲームと違い、他者との関わりが生まれやすいからだ。

世界は他者の総和でできており、一人の世界は次第に完結する。一方で他者との関わりについては関わっていく限り物語が終わらない。その点ポケモンパワプロの二種のゲームは長く長く遊べたのだろう。

時間と思考をかけて作り上げたものを他者との関わりの中で表現していき、その過程で意見などのぶつかりが生まれる。だから、楽しい。


モンスターハンターワールドを楽しいと感じたのはアクションゲームに馴染みが薄かった為、新鮮味が強く刺激的だったというのも1つの理由ではあるだろうが、1番楽しいと感じたのはスキルと武器を組み合わせて戦うという「準備の段階で思考の過程が必要」なところだろう。


exガ性のノックバック、ガ強、回避距離、回避性能、耳栓、風圧この辺りが特に好きなスキル


自分の技量と相談しながらスキルを組んで、敵と戦ってみて、他人のスキルとプレイを見ながら新しい発見を生みつつ戦ったり、などなどそういう点に面白さを感じていた気がする。


スキルや戦法を相談するのに、Twitterというツールはとても便利だった。

1人で遊ぶことに寂しさを覚え、それを埋める為に始めたのがきっかけだったが、スキル戦法を考えることの楽しさを教えてくれたのはTwitterであったように思う。


俺は昔からTwitterが好きだ。

どうすれば人気者になれるかなど、ある程度人の気をひく技術も持ってるので、「男だからマルチしてくれる人がいないんだけど」などと惨めなセリフを吐く、自分の落ち度を認めず他者に原因を求める愚か者達とも違う。


だが、Twitterの使い方が上手いかと問われれば別。


依存症


依存症